退職後にうける年金・一時金
私たちは国民年金・厚生年金保険・企業年金基金に加入しています
国からの老齢基礎年金・老齢厚生年金、基金からの老齢給付金
 私たちは、まず2つの国の年金制度に加入しています。ひとつが20歳になると日本に住むすべての人が加入する「国民年金」で、もうひとつが、民間企業で働く会社員が加入する「厚生年金保険」です。つまり、私たちの老後の所得保障は、国からうける老齢基礎年金(国民年金)と老齢厚生年金(厚生年金保険)が中心となります。
 しかしながら、現役世代が受給者の年金を支える国の年金制度は、「負担と給付」のバランスから、年金額の水準を抑制する傾向にあります。老後の備えとしては、企業年金制度をはじめとするプラスアルファの保障が必要になってきています。
 株式会社ノーリツで働く私たちには、「ノーリツ企業年金基金」(以下、基金)があります。私たちは入社から退職まで基金に加入します。この制度の下で、退職後にうける年金・一時金のための積み立てが行われます。
 したがって、私たちは将来、国民年金から老齢基礎年金、厚生年金保険から老齢厚生年金を、そしてノーリツ基金からは年金あるいは一時金をうけることができます。
※基金の加入者資格: 従業員となった日から2年を経過した日以後、最初の4月1日に取得します。
働き方によって加入する年金制度は異なります。
株式会社ノーリツに勤める私たちは(3)の年金制度に加入しています。
(1) (2) (3)
加入対象
となる人
自営業者・学生・
専業主婦/民間企業の
社員・公務員
企業年金制度のない
一般企業の社員
企業年金制度のある
一般企業の社員
支給される
年金・一時金
老齢基礎年金 老齢基礎年金
老齢厚生年金
老齢基礎年金
老齢厚生年金
基金の年金・一時金
保険料/掛金
国民年金保険料(定額)

厚生年金保険料※1 厚生年金保険料※1
企業年金基金掛金※2
※1労使折半 ※2全額会社が負担


●退職金(年金)制度の概要
退職金
(1)退職一時金 退職金総額の20%
(会社支給)※
☆退職金支給対象者は全員一時金として受給
(2)確定拠出年金 退職金総額の20%
(個人口座)※
☆平成16年4月制度導入時50歳未満の者が対象
(上記対象者以外は(1)退職一時金を受給)
(3)企業年金〈基金〉 退職金総額の60%
(基金支給)※
加入者期間20年以上の者⇒年金受給または一時金受給を選択
(1)全部年金として受給
(2)全部一時金として受給
(3)一部年金/一部一時金として受給
(加入者期間3年以上20年未満の者は全員一時金として受給)
予定利率
3%
年金給付利率
3%
据置乗率
3%
年金保証期間
20年
※比率は対象者の平均値
国と基金から年金をうける「条件・年齢・期間」
退職後に支給される年金・一時金のイメージ
(株式会社ノーリツに20年以上勤続、国の年金制度に原則25年以上加入していた場合)